読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

easyst’s blog

自由こそ至上とする中年の生存確認用ブログ

プーケットでダイビング(March 14,2017)

f:id:easyst:20170328195029j:plain

ダイビング初日は、船で2時間程のラチャマイ、ラチャヤイ島の定番ダイビングスポットで計3本潜る。昨年の7月以降潜っていないので耳抜きに手こずる。

水深は深くても22mほどだが、水温は29度でとても暖かい。ウェットスーツも3mmのハーフスリーブで十分。沖縄では水温が25度程度のことも多く、ロングスリーブのウェットスーツを着ていても寒く感じることがある。プーケットの海は水温が高くて快適なのだが、代わりに透明度が低い。水温が高いことでプランクトンが多いのと砂が潮で巻き上げられており、透明度が下がってしまうとのこと。透明度は10m程度しかないように感じる。しかし、魚影は濃く、珊瑚も綺麗に残っているところが多いので満足。

f:id:easyst:20170328195043j:plain

 

f:id:easyst:20170328195232j:plain

f:id:easyst:20170328195236j:plain

f:id:easyst:20170328195323j:plain

f:id:easyst:20170328195105j:plain

女性ガイドのカエデちゃんが何かを突いている。よく見ると毒を持つダルマオコゼだった。最初はナマコを突いているのかと思った。

f:id:easyst:20170328195358j:plain

ボート上で昼食を取る。今回利用したボートは、飯が美味しいという評判があったがそれ程でもない。しかし、綺麗な海を眺めながら食べるのは至福だ。

f:id:easyst:20170328195412j:plain

2本目では初めてダイビングでエイを見るが接近し過ぎてしまった。こいつは尾に毒針を持っているので危険だ。

f:id:easyst:20170328195438j:plain

透明なエビを見ていたら今度は80cm程のウツボがいた。

f:id:easyst:20170328195626j:plain

見上げると時折カマスの小さな群れが頭上を通る。

f:id:easyst:20170328195927j:plain

3本目はラチャヤイの人工漁礁。

f:id:easyst:20170328195943j:plain

帰りの船上で西日を眺める。エベレストから南国の島でダイビングなんて何とも贅沢な過ごし方だ。こんな事は2度とできないかもしれない。