読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

easyst’s blog

自由こそ至上とする中年の生存確認用ブログ

エベレストトレッキング(Day6, March 2,2017)

f:id:easyst:20170328191921j:plain

6日目。ディンボチェで高度順応。

ディンボチェから5km程先のチュクン(4,743m)まで往復する。チュクンは、アイランド・ピークに登るルートでの拠点となる。ディンボチェでは朝から緊急搬送のヘリが2機ヘリパッドに飛来する。高山病患者の緊急搬送ということでガイド間でも状況を情報交換していた。タンボチェから標高の高い村に向かう緊急搬送のヘリを見かけたが自分が泊まっている箇所の目の前で離着陸するのは初めて。

ディンボチェで初めて頭痛を感じたのでロキソニンを一錠飲む。高山病というよりあまりの寒さで頭が痛くなった感じだ。部屋の水は全て凍り、朝から暖房もない環境で過ごさなければならないのでかなり辛くなってきた。こういう状態では早く身体を動かして暖めた方がいいのですぐにチュクンに出発する。

f:id:easyst:20170328192004j:plain

チュクンへは、ヌプツェ、ローツェを左手に見ながらローツェ氷河方向に向かう。標高6,198mのアイランド・ピーク(中央右側)が見える。アイランド・ピークにはアイゼン、ピッケル等の雪山登山の本格的な装備が必要になるので簡単には行けない。

f:id:easyst:20170328192025j:plain

2時間でチュクンに到着。パスタを食べてから手前の丘に登りディンボチェに戻る。

 

f:id:easyst:20170329145925j:plain

ヌプツェ、ローツェが間近に見える。アイランド・ピークが近くに見えるので行きたいところだが、危険なローツェ氷河が遮っている。ローツェ氷河はクレバスもあるのでガイド無しでは相当危険とのことだった。タンボチェで会ったアンドウ君は、ガイド無しで一旦アイランド・ピークに向かうということだったので大丈夫だろうか。

f:id:easyst:20170329150020j:plain

アマダブラムも間近に見える。アマダブラムのベースキャンプは、ディンボチェの手前付近に見えたが誰もいないようだった。エンドウ君とアマダブラムなら登ってみたいと話をしていたが、全然登れるように見えない。

ディンボチェに昼過ぎに戻り後は休憩する。